« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月30日 (金)

なぎさの1日。

朝はソファでおくつろぎ。
昼はトレイにハマってうつらうつら。
そして今は頭に枕でスヤスヤ熟睡。
Img_4389
 
Img_4393
 
Img_4405
 
Img_4407
 
天気が悪い日は1日まったり過ごしてる。
 

2017年6月29日 (木)

ハマりたがり。

なぎさは紙一枚でも何かの上に座りたい性格だ。

ご近所さんに頂いた中村屋の肉まん。トレイに3つ入っている。
すぐ食べないのでひとつずつラップに包んで冷蔵庫にしまった。
で、戻ってきたら肉まんに偽装したなぎささん。
 
Img_4238
 
ここに in 。
Img_4273
 
のんきが気になり近寄ってくるも。。。
Img_4312
 
トレイを死守。
Img_4318
 
体制を整えまたハマる気満々。
Img_4325
 
 
そんな大事なトレイだが、なぎさが留守の際に
ちょっと拝借。牛乳好きな茶太郎に牛乳やるのに
使わせていただいた。
 
 
Img_4335
しばらくしたらあれ?またなぎさがハマってる。
が。。。これ。。。飲み残しがあったはず。。。
 
案の定お尻が牛乳まみれに。
なぎさよ、なぜ御構い無しなのだ。
猫は濡れるの嫌じゃないのか!?
しかも牛乳。。。いいのかおまえ。
 
牛乳まみれのお尻と尻尾をすり寄せてきた事で
飲み残しを思い出す私も私だけどね、ごめん😅
 
 

2017年6月28日 (水)

ゴロゴロゴロ。

朝目が覚めて、起きなきゃなと思っていると

目を覚ました事に気づいた茶太郎がまず寄ってくる。
頭の横にどっかり座ってゴロゴロゴロと
喉を鳴らしながら私が起きるのを待つのだ。
 
しかしこのゴロゴロは癒し効果があるらしく
眠いところ更に睡魔が大きくなっていくんだよ、ちゃた。
 
今日は雨だから駅までのバスが遅れるから
いつもより早く家を出なくちゃ。
 
そう思いながらゴロゴロ効果にしばし身を委ね
良い気持ちの中、葛藤している。
 
Img_4344

2017年6月27日 (火)

庭とか空とかピカルとか。

山に咲いていたネムノキの花が可愛らしくて
庭にも一本植えてみた。
かれこれ5〜6年になるが、なかなか思うように
花が咲かなかった。
 
毎年モンキチョウの幼虫がこの木でたくさん生まれ
ずいぶんと葉っぱを食べる。
その幼虫はアシナガバチに食べられる。
自然のサイクルはなるべくそのままにしたいから
毎年そのまま放っておいた。
 
今年は花芽がたくさんついて楽しみにしていたが
直前に強い潮風が吹き、だいぶ葉っぱがボロボロに
なってしまった。
でもしばらくして沢山の花が咲いた。
玄関が2階なので出入りのたびに上から見下ろす。
明るい緑の葉の上で優しいピンクの毛の束が
ふわふわと咲く姿は妖精がダンスをしているようだ。
なんとも可愛らしい。
Img_4173_2
 
 
数日前にいつもと違う空の色だった。
こんなにピンクなのは珍しい。
気象条件が揃うとこんな風になるらしく
ニュースで取り上げられていたと後から人に聞いた。
Img_4136
海にも写り込んでピンクに染まった水面。
綺麗で神秘的な光景だった。
 
 
Img_4025
まぁそんな外の様子も御構い無しの我が家の
ピカル嬢。いつものようにマイペースに過ごしている。
でもそれが一番だ。
 

2017年6月26日 (月)

ビタミンD

曇り空で蒸し暑い毎日。
こんな日は猫はそれぞれの場所でまったり過ごしている。
 
テーブルの上でなぎさが毛繕い。
 
猫のこの行為にはいろいろ意味があるそうだが
そのひとつには紫外線を浴びてビタミンDを合成して
舐めとっているのだそう。
紫外線には殺菌効果もあるしお布団を干したような
ふかふかな毛並みになるんだな。
Img_4182

Img_4191_2

2017年6月25日 (日)

ゆずの様子。

おかげさまで、今朝いつも通りのゆず。

Img_4160
 
朝になったら「ごはーん、ごはーん」
Img_4147  
 
カリカリ食べて、お水飲んで、うろうろして。
Img_4167
 
今は寝床にこもって寝てる。
Img_4171
 
いつもと同じ行動パターンに
いつもよりかなりホッとする。

2017年6月24日 (土)

ゆずの検査結果。

夕方動物病院からゆずの検査結果を知らせる連絡がありました。

今回の検査では基準値内だったとの事で
安心していいと仰って頂きホッと胸をなでおろしました。
 
先日の記事を読んでご心配をいただいた皆様に
お礼申し上げます。
 
何種類かいただいてきたサンプルのうちロイヤルカナンは
比較的よく食べてくれそうです。(pHコントロール1やオルファクトリー)
目を離すとピカルが横取りするので食べ終わるまで
見ていないといけませんが、こちらもなんとかなりそうで
安心しました。
 
とはいえ片方は機能が落ちている腎臓と結石と肥満細胞腫の
問題が消えてしまったわけではないので、引き続き
用心していきたいと思います。
日1日老化が進んでいくので他の猫たちも穏やかに暮らしていけるよう
気をつけて見ていきたいものです。

いつでもだらりん。

だんだん暑くなってきて
猫たちのだらだら度が急上昇中だ。
 
特にピカルのだらりっぷりは
群を抜いている。
 
昨日は我が家を訪問するのが初めてという方が
いらしていたのだが、そんなの御構い無しで
いつものようにヘソ天を披露していた。
 
そのお客さんは猫好きなので喜んでらしたが
床に転がる猫たちの光景は微笑ましいのか
それともシュールなのか。。。
 
Img_4037

2017年6月23日 (金)

さくらんぼ警備隊!!

山形の友達からさくらんぼが届いた!

箱を開けると真っ赤なさくらんぼがきらきら並んでいる。
うっとりしながら眺めていたらピンポンが鳴った。
 
そして戻ってきたら!!
両サイドにはさくらんぼ警備隊が出動していた!!!
 
Img_4081
 
『守るぞ守るぞ、キュートなさくらんぼを魔の手から〜🎵
それが我らさくらんぼ警備隊の使命なのだカラァ〜🎵
だけどあの子が頬張れば、警備も緩むぞ その笑顔🎵』
(唄*さくらんぼ警備隊)
 
作詞の依頼こないかな。
 
Img_4119

2017年6月22日 (木)

なぎさと呼べば。

ねこのきもちのこの付録。

いつもお風呂場に置いてあるのだが
「なぎさハウス」となっている。
 
Img_4051
 
「なぎさ〜」と声をかけると
 
Img_4066
 
びろ〜んと伸びる。
 
Img_4079
 
そしてまた何事もなかったかのように
スヤスヤ眠るのだ。
 
しかしこのあと居間でイザコザが起きた。
するとあっという間に現場に駆けつけ
のんきを怒らせたゆずのもとに。
ビシバシとゆずに制裁を加えてまたスヤスヤの続き。
暇そうに見えて案外忙しかったりするのかもしれない。
 
Img_4071_2
 

2017年6月21日 (水)

あじさいやらきのこやら

街の紫陽花もきれいだ。

先週末武蔵小山に用事があって出かけた際の
街の紫陽花。
 
雨の紫陽花も綺麗だが日差しの下の色とりどりの紫陽花も
鮮やかで宝石のようだ。色彩がキラキラ目に飛び込んでくる。
ちょっとお水が欲しそうだったけど。。。今日の雨で元気を
充電してるだろう。
 
Img_3961
 
Img_3980
 
Img_3793
 
そして定位置のきのこ。
朝起きるといつもここに寝ているのだが、夜から
ずっと寝ているのだろうか。
 
昼間も寝てるし、ほんとうに猫は寝るコだな、と思う。

2017年6月20日 (火)

ゆずのおでき。

ゆずのおでこにおできができた。

ただのおできなら動揺しないが、ゆずのオジさんで
ママのお兄ちゃんのイオタにもこのおできがあった。
それが悪化して4ヶ月の闘病ののち力尽きた。
6年前、まだ5歳の時だった。
『肥満細胞腫』という名の腫瘍。
それがこのおできの正体だ。
 
猫の場合良性が多いという事だったが
イオタの場合とんでもなく凶暴なヤツだった。
 
だから遺伝的なものも心配になって
病院に相談に行ってきた。
 
レントゲンとエコー検査をしてもらい
内蔵型の場合に症状が出やすい脾臓は問題が
ないことがわかった。
だからおできの様子を観察して大きくなるようなら
手術前提で連れてくるように、という事になった。
 
緊急性がない事がわかりホッとすると
腎臓に問題があるとエコー画像を見ながら先生がおっしゃった。
片方が機能していないようだ、と。
3月に嘔吐と食欲不振で診て頂いた際にしてもらった
血液検査では腎臓の数値は悪くなかった。
 
しかし数値が悪く現れる時にはかなりの
範囲で腎臓が壊れているのだそうだ。
血液検査だけでは安心できないと痛感した。
 
去年からそこをカバーする新しい検査ができたそうだ。 
後日またその検査をしてもらいに行く。これでどのくらい
腎臓が壊れているか従来より早く判断がつくのだそうだ。
この検査がもっとポピュラーになればいい。
 
ゆずはこれから療法食になるだろう。
サンプルは嫌いで食べなかった。
多頭飼いの食事管理は難しいができる事はやらなければ。
 

のんきのマグ。

のんきは水を飲むのが好きだ。

水を入れ替えるとキラキラした目でやってくる。
我が家は多頭飼いの為大きな器に水を張って
お風呂場や部屋の隅に置いて
いつでも飲めるようにしているのだ。
 
ある日私がマグに水を入れておいたら
ピチャピチャとのんきが飲んでいた。
 
いつでもテーブルに水を入れて置いている。
顔いっぱいになる径しかないが下まで綺麗に飲み干すのだ。
 
Img_4012_2
このドヤ顔w

2017年6月19日 (月)

ピカルの大あくび。

ソファの背もたれの上でくつろぐのが
最近ツボのピカル。
 
こうしてよくよく見ると黒い毛が多い。
Img_4015
 
リラックスして大あくび。 
猫のあくびの瞬間ってちょっとホラー?
Img_4017

2017年6月18日 (日)

今朝のなぎさ。

なぎさはなぜか寝坊助で、朝みんながご飯ご飯と
起こしに来てもその後ぱくぱく食べていても、まだ寝ている。
食べ物に執着がないわけでもないのに、毎朝こんな感じ。
スロースターターだ。
 
からだは我が家で1番小さい。(軽いのは痩せたのんき。)
初めて出会ったのは夏で、野良だった為ペッラペラの
薄い体だった。栄養状態が良くなかったからか
前歯も生えそろっていなかった。
だから春生まれの生後約半年程度の子猫だと思った。
でもその後の発情の時期から考えても秋生まれのもうすぐ
1歳というタイミングだったのだと思う。
 
Img_3989_2
上から見たらかなりコンパクト。
 
Img_3998
顔は結構貫禄がある。
 
Img_3991
性格は控えめでもないし。
だがこれでなかなかの甘えっ子だったりする。
ツンデレは猫の大きな魅力だ。いやもう魔力レベルだw
 

2017年6月17日 (土)

添い寝。

毎朝ぱちっと目がさめると、きのことピカルが

添い寝してるのが視界に入る。
 
Img_3935
足元にいるきのこ
 
Img_3937
横にいるピカル
 
さぁ、今日も1日が始まる!!

2017年6月16日 (金)

瞳きらきら。

なぎさはいつも涙目でうるうるしている。

鼻もガビガビで鼻くそも良く溜まっている。
猫風邪ウィルスのキャリアだからだ。
 
なぎさはそのせいで鼻は効かないが
(柑橘類の匂いを嗅いでもキョトンとしている)
音には敏感で、シーバーの袋をガサガサすると
一番に飛んでくる。なにより大好きなおやつだからだ。
 
保護した後、他のニャンズと一緒にする為
みんなにワクチンを打ったおかげか
移った様子がないのは本当にありがたいことだ。
 
なぎさの瞳がきらきらしているのを見ると
子供の頃に読んだ漫画『マカロニほうれん荘』の
きんどーさんを思い出す。なんだか似てるのだ。
 
Img_3931
 
Img_3926
 

2017年6月15日 (木)

今日は暑かった。

真夏の真っ白い入道雲がモコモコ湧き上がるような空。

ジリジリと照りつける太陽のもと、三浦半島を横断して
反対側の町にあるホームセンターまで行ってきた。
相模湾から東京湾まで30分のドライブ。
買う物は殆どニャンズのご飯におやつ。
8匹もいるとなかなかの量になる。
 
帰ってきて布団を取り込もうと屋上に出たら
足元をすり抜けてきのこが元気に飛び出しっていった。
 
夏のお嬢さん。あの曲が頭の中にぐるぐるぐる。。。。
 
Img_3920
 
Img_3906
 
Img_3904
『ちがーう、これセーターの毛玉とりブラシーっ』  

2017年6月14日 (水)

繊細なところも。

最近ピカルの写真を撮ろうとしてもなかなか
カメラ目線をくれなくなった。
動物はカメラ撮影を嫌うと聞いたことがあるが
レンズを向けられたり、シャッター音が怖いのかもしれない。
普段は図太い彼女にもこんな繊細な面があるのだなぁと
ピカルには悪いがつい思ってしまった(^^;)
ピカルの場合、カメラ目線よりも自然な姿を撮るように心がけてみよう。

Img_3873

『眠いけどみんなが起きてるからまだ寝ないの』状態のピカル。

2017年6月13日 (火)

あじさい寺

今日は紫陽花を見に北鎌倉に出かけてみた。
雨降りの上、午前中横須賀線が架線事故で止まっていたそうだが
それにもかかわらず、明月院はそれはそれは凄い混雑だった。
最初は雨の外出は億劫だったのだが、駅を降りたとたん不思議なことに
北鎌倉のなんとも言えないしっとりとした緑の美しさに誘われて
時間の止まった異空間に迷い込んだような感覚に包まれた。
初めて体験するタイプの居心地の良さに自我が消えて無になる感覚を味わった。
 
Img_3787
 
そして帰ってきたらホッとするニャンズたちのお出迎え。
きのこが上目づかいに「おかえり〜」と言っているようだ。
Img_3801

2017年6月12日 (月)

いつでもそばに。

猫たちはソファに座ればソファの横に
テーブルに着けばテーブルの上にやってくる。
 
猫はいつでもそばに寄り添ってくれている。
 
不思議なことに体調が悪くて寝ている時は
覗き込むように周りにいる。
 
言葉を離さない分 何かを感じるとる力が
人間よりも発達しているのかもしれない。
 
Img_3678
 
Img_3687

2017年6月11日 (日)

きのこの観察。

きのこがいつもの場所でじっとこのポーズ。

しばらく動かなかったが
Img_3724
 
おもむろにクネクネ動き出し
25
 
足を抱えて舐め始め
Img_3728_2
 
また固まってじっとする。。。
Img_3730_2
 
こちらをみて、ペロリと舌を出し
Img_3731
 
上目づかいでまた固まった。
Img_3737
 
きのこよ、何を思う?
 

2017年6月10日 (土)

熟睡。

床から見上げると黒い足。

Img_3669
 
Img_3670
熟睡している姿に平和を感じてほっとする。

2017年6月 9日 (金)

だらけねこ。

少し暑くなってきた今日この頃の風景。

 
Img_3657
 
Img_3658
でも呼ばれたら秒速反応しますよ!

2017年6月 8日 (木)

見張り番。

ソファで本を読んでいたらうたた寝してしまった。

視線を感じたその先にはきのこさん。

親のように見守る視線。。。じゃなくて毛布かけてくれたら
ありがたかったな。へっくしょん。
 
Img_3654

2017年6月 7日 (水)

安全地帯で

くつろぐのんき。

 
Img_3583

2017年6月 6日 (火)

きみは向こう側を見る。

あちらの世界は切り取られた

向こう側にあるのかもしれない。
 
Img_3620

2017年6月 5日 (月)

似た者姉妹。

最近特に同じような格好で
寝ている事が多くなってきた。
姉妹ってそういうものか!?
 
Img_3608

2017年6月 4日 (日)

エスパーなぎさ。

小さい荷物が届き、中身を出してそこを
離れた。
戻ってきたらなぎさが in.
 
Img_3613
1リットルのサビ取り剤を注文した箱。
カロリーメイトと比較してみた。
 
Img_3609
このくらい。
 
Img_3513
戻ってきたらなぎさがパンパンに入っていた。
 
Img_3567
 
Img_3575
 
Img_3580
この満足げな顔。
半分でてるけどね。  
 
 

2017年6月 3日 (土)

きのこの好きな場所。

今日もよく晴れている。
猫たちは涼しい場所を見つけて
それぞれの気に入りの場所でくつろいでいる。
心地の良い時間だ。
 
きのこは西の大きな窓が大好きだ。
よく外が見えるからだろう。
 
Img_3490
 
Img_3495
 
今年もキウイの花が咲き終わり、小さな膨らみが
あちこちに見られる。自然のサイクルはゆっくりと
しっかりと何事も無かったように
同じようにと繰り返していく。
またリスやハクビシンに先を越される気がするな。
 

2017年6月 2日 (金)

今日も今日とて

夢中のなぎさ。

 
Img_3468
 
Img_3473    
 

2017年6月 1日 (木)

ひとりで影練中。

毎日練習熱心だなー。

 
Img_3482
 
なーんちゃって。

のんきの巣。

キャットタワーにあるこのスペースは

のんきの安全地帯。
 
Img_3432

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31