« のんきのマグ。 | トップページ | あじさいやらきのこやら »

2017年6月20日 (火)

ゆずのおでき。

ゆずのおでこにおできができた。

ただのおできなら動揺しないが、ゆずのオジさんで
ママのお兄ちゃんのイオタにもこのおできがあった。
それが悪化して4ヶ月の闘病ののち力尽きた。
6年前、まだ5歳の時だった。
『肥満細胞腫』という名の腫瘍。
それがこのおできの正体だ。
 
猫の場合良性が多いという事だったが
イオタの場合とんでもなく凶暴なヤツだった。
 
だから遺伝的なものも心配になって
病院に相談に行ってきた。
 
レントゲンとエコー検査をしてもらい
内蔵型の場合に症状が出やすい脾臓は問題が
ないことがわかった。
だからおできの様子を観察して大きくなるようなら
手術前提で連れてくるように、という事になった。
 
緊急性がない事がわかりホッとすると
腎臓に問題があるとエコー画像を見ながら先生がおっしゃった。
片方が機能していないようだ、と。
3月に嘔吐と食欲不振で診て頂いた際にしてもらった
血液検査では腎臓の数値は悪くなかった。
 
しかし数値が悪く現れる時にはかなりの
範囲で腎臓が壊れているのだそうだ。
血液検査だけでは安心できないと痛感した。
 
去年からそこをカバーする新しい検査ができたそうだ。 
後日またその検査をしてもらいに行く。これでどのくらい
腎臓が壊れているか従来より早く判断がつくのだそうだ。
この検査がもっとポピュラーになればいい。
 
ゆずはこれから療法食になるだろう。
サンプルは嫌いで食べなかった。
多頭飼いの食事管理は難しいができる事はやらなければ。
 

« のんきのマグ。 | トップページ | あじさいやらきのこやら »

うちねこ」カテゴリの記事

コメント

ゆずちゃん、頑張って!!
多頭飼いだと食事の管理が大変ですよね。
急いでる時でも、食べるの見ていないといけない。
本当、感心します。

猫はいっぱい癒してくれるけど、その分病気になった時が辛いですよね…
でも病気のお世話や一緒に戦うのも、飼い主の役目なのかな?って思ってます。

どうか、ゆずちゃんが良くなりますように…

ゆずに応援ありがとうございます。
今日は血液を抜いて検査機関に出してきました。
結果待ちです。
肥満細胞腫の方が少し大きくなっていたのが心配です。
病院に通うストレスを考えるとそちらも切ないし。

療法食は好きなものが見つかったので良かったです。
他のコも狙うので見てないとダメですね。
家にいる時はいいのですが、留守の時の対策を考えねば。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« のんきのマグ。 | トップページ | あじさいやらきのこやら »

フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31